4月24日 青森 第2回目

八戸種差グループ
日付:2011.04.24
場所:民宿石橋(種差海岸駅前) http://www6.ocn.ne.jp/~tanesasi/
参加人数:10名
次回開催予定日:2011.05.22 9:00〜16:00


青森は余震の続く中、2回目が開催されました。
今回は94歳のお母さんと一緒に参加してくれた方もいて、そのお母さんもしつけを手伝ってくれたようです。
コメント付きの写真が送られてきたので、紹介します!



集まったメンバー

八戸種差G2回目_3



懸命にしつけ作業するメンバーの中には(右端)93歳の加藤さん(福島県会津市出身)

八戸種差G2回目_4



津波の被害を受けたのにお手伝い

八戸種差G2回目_5



寿司のほか南三陸町の人達が八戸で復興の第一歩のきっかけにしているメカブ、千葉産のほうれん草、サメのなますなど、みんな差し入れ

八戸種差G2回目_6



綿入れ完了

八戸種差G2回目_2



一枚は出来なかったけど取り合えず記念写真

八戸種差G2回目_1


 


4月14日 東京 第3回目

日付:2011.04.14
場所:京橋ブラザー
参加人数:22名
次回開催予定日:2011.05.12


回を重ねる事に参加して下さる方が増え嬉しい限りです。
皆さんありがとうございます。

今日は、キルトが8枚完成しました。
メッセージカードも入れ、開封しなくてもキルトが見えるように包装して、湯沢の「赤ちゃん一時避難プロジェクト」に8枚送りました。

東京会場1


このキルトは、サロンのようになっている、小児科に置かれます。
支援物資としての扱いなので、重ねて置かれるようですが、一人でも多くの赤ちゃんに渡せるようにしたいと思います。

東京会場2


トップも14枚出来ました。
東京だけでは、全てのキルティングが出来ないので、大阪の嶋先生に4枚・大阪ブラザー森さんに5枚、立川のソーイングセンタjoyさんに3枚お願いしました。
残り2枚は、参加者が持ち帰ってくれました。
キルティングを手伝ってくださる方々感謝です。


4月10日「トラック時報」に私たちの活動が掲載されました。
運送業経営者の方たちが読む新聞です。
石黒健治先生ありがとう!

トラック時報

※↑クリックすると拡大し、記事が読めます。



 


ソーイングセンターjoyの活動1

日付:常時
場所:ソーイングセンターjoy(立川・八王子) http://www.mishin-joy.co.jp/


ソーイングセンターjoyさんは、キルティングすれば良いだけのものを、今までに6枚引き受けてくれ、3枚完成しています。

女性スタッフが仕事の合間にキルティングをしてくれています。

ソーイングセンターjoy

今回は、お客さんも参加して、仕上げてくれています。

このような、後方支援はとても嬉しいです!
私たちの励みになります。

お店で引き受けるだけでなく、東京会場でもスタッフの方が1人、いつも参加してくれています。



4月3日 青森 第1回目

八戸種差グループ
日付:2011.04.03
場所:民宿石橋(種差海岸駅前) http://www6.ocn.ne.jp/~tanesasi/
参加人数:8名
次回開催予定日:2011.04.24


参加者は、パッチワークは知っていても、バッグを作るぐらいで、「ベビーキルトってなぁに?」という質問がでてくる方達だそうです。
自分達も被災し、ライフラインの悪い中、被災者のために何かしたいと、集まってくれました。
リーダーの石津さんのお母様は82歳で、参加者の皆に昼食を準備してくれたそうです!
キルト作りにこだわらず、色々な形でボランティア参加してくれています。

以下は送られてきた写真とコメントです。



種差海岸の様子です。
一波、二波ですでに漁港は無く、写真は三波が来る前の引き波で船が取り残されています。

八戸種差グループ4


盛り上がるように押し寄せてきた三波、2枚目の船は陸に上がったりもどされたり、何回か繰り返し、朝には沖で傾きながら流されていました。写っている家は、皆、知り合いで、お見舞いに行ったら、このとき二階に居たと聞きました。三波、四波を見ていました。

八戸種差グループ5



津波前の大須賀海岸。砂浜の右手のグリーンの帯は、ハマヒルガオなど海浜植物が咲く場所

八戸種差グループ3


ハマヒルガオ 写真のように毎年一帯に咲くのですが、今年は・・・

八戸種差グループ2


1枚目の写真と同じ場所から撮りました。大きく3箇所えぐられ、グリーンベルトはズタズタです。

八戸種差グループ1


活動写真 皆真剣そのものです

八戸種差グループ7





4月6日 福岡 第1回目

日付:2011.04.06
場所:志免第4公民館
参加人数:13名

今回は6cmの四角つなぎでトップを作りました。
すぐ縫えるように、400枚以上も布を四角くカットしてきてくれた参加者もいました。

キルトの裏に使うネルを寄付してくれた企業もありました。


参加者は、布を並べていくのもトランプみたいで楽しかったようです。

5〜6枚のトップが完成間近の状態になりました。


次回は4月20日の予定です。
5月から一般の人にも呼び掛けて、毎週金曜日に行う予定です。

4月6日福岡_1

4月6日福岡_2

4月6日福岡_3






3月31日 東京 第2回目

日付:2011.03.31
場所:ブラザー東京営業所
参加人数:15名

前回の参加者の3分の1が、今回も参加してくれました!
自分の都合の良い時間だけ来てもらう形式なので、皆さん参加しやすいようです。
義務ではなく、自主参加のボランティアなので、時間を決めてしまうと参加しづらいと思ったからです。

トップもどんどん出来上がってきています。
キルターの参加者は、提供されている布の中から自分好みの布を見つけ、好きなように作ってくれています。

まだ2回目ですが、すでにシツケをかけ終わったものが何枚も出来、それをキルティングするために持ち帰ってくれた参加者もいます。

次回は4月14日の予定です。

3月31日東京_1

3月31日東京_2


1回目2回目で仕上がったキルトです。

3月31日東京_5


横浜のキルターが、以前作った作品を寄付してくれたものです。

3月31日東京_3

3月31日東京_4





3月25日 東京 第1回目

日付:2011.03.25
場所:ブラザー東京営業所
参加人数:13名

支援キルト作りをしました。
参加者の殆どは、キルト作り未経験者でしたが、ミシンをかけられる人はミシンがけ、そのほかの人はアイロンがけや、布切り等で協力してくれました。

春休みということもあり、お母さんと一緒に小学生のお嬢さんも参加してくれました!
皆さん、手弁当での参加です。

綿や布は、企業の方が無償提供してくれています。

参加者の中には『地震酔い』していた方もいたのですが、今回参加することにより気持ちが晴れておさまったそうです。
被災者のためにと集まっているキルト作りですが、自分の為にもなったようです。

3月25日東京_1

3月25日東京_2

3月25日東京_4

3月25日東京_3






<< | 2/2PAGES |